2012年 09月 01日

UGLY

UGLY 2011年


窪塚洋介主演で全編パリを舞台に描き出したドラマ。
監督は、数々のPVなどを手がけ、劇場長編作は
これが2作目の新鋭・柿本ケンサクと、
ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクー作品の音楽も手がける半野喜弘。


窪塚洋介さん、好きです。
彼個人的にはあんまり・・・ですが役者としていいと思う。
すごく独特の存在感がある気がして。


最初は「ピンポン」という映画で。
音楽も良くって、いまだにサントラ聞いたりしています。
ちなみに共演していた井浦 新さんも好きです。


いろいろあってしばらくメディアで窪塚さんを
見ていなかったのに
少し前に観た「東京島」という映画で彼の存在感、
やっぱりすごくいい!と・・・


さらに少し前に観た「ヒミズ」でも良かった。
さらにさらに、「ヘルタースケルター」
(役はあまり好きじゃなかったけど)


満を持して?UGLY見てみました。


映画自体は暗く重く
ストーリーも最初は解説を読まないとよくわからなかった。


こういうこと、世界のどこかではあるかもね。
そんなストーリー。ちょっと泣きました。
もちろん自分の日常ではありえないけれど。


海外留学していた友人が、
留学中同じ日本人だと言うだけで声をかけてくる人が
たくさんいるって言ってた。
そんなことをぼんやり思い出しつつ。


でもやっぱりいつも自然体のようで
実はしっかり演じ分けている窪塚さんがいい。


考えさせられる?
感動する?
何度でも観たい?
誰かに勧めたい?


そういうのじゃないけど、なんかわりとよかったです。
最後までぼやっとしてたけど、
そこは重要ではないんだろう。


理由も理屈もない。
きっとそれがすべて。


ひとつだけ言うならば、
最後に窪塚さんがかけていた
ジョンレノンみたいな丸いメガネ、
顔が小さいから似合ってなかった笑





[PR]

by butsuzoumania | 2012-09-01 19:39 | ★★★


<< ヒミズ/嘘つきみーくんと壊れた...      はじまり >>