日々と映画

butsuzou25.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 01日

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪 2012年

『時をかける少女』『サマーウォーズ』の細田守監督の新作。
若くして“おおかみおとこ“と恋に落ち、雨と雪というふたりの子を
授かった人間の女性・花が、“おおかみおとこ“の死後、都会を
離れて自然の豊かな地で懸命に子を育てる姿を描く。


***


アニメ映画を映画館で観たのは”ピアノの森”以来。
ピアノの森は原作が大好きで観に行きました。
(こちらはイマイチ。原作が好きすぎて。マンガおすすめです。)


ジブリは気が向いたらDVDで、ディズニー映画なんかは
TVでやっているのを何かしながらちらりと見る程度でした。


そんな感じでたまたまTVで見た、細田守監督のサマーウォーズ。
これがおもしろくてぐいぐいと引き込まれてしまった。
アニメならではのおもしろさ。


映画のCMでおおかみこども達を見るたび、なんか心ひかれる・・・
というわけで観に行ってきました。


夏休み中ということもあり、ちびっこでにぎやか。
さすがにおんなひとりで見てる人はいなかったな。


さて私は予告も見ず、てっきりおおかみこどもたちの話だと思っていたら
母親の話な気がしました。
あ、でもこどもから見たらこどもの話なのかな?


おおかみおとことの間にできたこどもたちを必死で育てる母親の話。
ありえないんですが、本当だったらかなり大変だろーと。
たまに現実的には無理でしょって冷めた自分もいたけど笑


親子は田舎暮らしをはじめますが、とにかく絵がきれい。
音もリアルで、アニメなのに、うわーってなりました。
こういのは映画館で観るべきですね。


のちにこどもたちは人間とオオカミの間で葛藤し、成長していく中で
自分で未来を選んでいく。


こどものいない私がみてもぐっとくるものがあるのに、
母親がみたらもう泣いてしまうでしょう。


こどもが成長して行くのはうれしいけれど、さみしくもあるはず。
でもそういうことで同時に自分も成長していく。


自分が成長する為にも、こどもを育てる意味があるのかなぁと
少しわかった気がしました。


お姉ちゃんの雪と弟の雨。
私は弟がかわいくてしかたなかった笑
母親は息子の方がかわいいとか聞くけど、ちょっと気持ちがわかった気がします・・・


おもしろかった!
細田守監督の作品はこれからも注目したいと思います。


予告動画、何種類もあるけどこれが一番好き☆
気になるかたはぜひ映画館で!



[PR]

by butsuzoumania | 2012-09-01 20:37 | ★★★★


<< ワイルド7      みたい映画、覚書 >>