2012年 11月 19日

コクリコ坂から

コクリコ坂から  2011年

『ゲド戦記』以来、宮崎吾朗が約5年ぶりに演出を手掛ける
ファンタジックな要素を排したスタジオジブリ作品。
16歳の少女と17歳の少年の愛と友情のドラマと、
由緒ある建物をめぐる紛争を軸に、真っすぐに生きる高校生たちの
青春をさわやかに描いていく。


***


なんとなく、みてみました。


ストーリーもよく知らず、ジブリ映画のわくわく感を期待していたから
全然そういう映画ではなかった。


最初はうーん、つまんないかもって感じたので他の事をしながらみていたら、
今度は歌いだしたりして、何だこれ?って。


時代からしてもしかして昔の学生運動の話?と思ってたら勘違いでした。


後半は少しおもしろくなってきて・・・
やっと引きこまれてきた。


と、思っていたら終わってしまった。
95分、短いですね。


手嶌 葵さんの主題歌がよかったです。
さわやかな映画でした。





[PR]

by butsuzoumania | 2012-11-19 21:58 | ★★


     ステキな金縛り >>