「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:★★( 3 )


2012年 11月 19日

コクリコ坂から

コクリコ坂から  2011年

『ゲド戦記』以来、宮崎吾朗が約5年ぶりに演出を手掛ける
ファンタジックな要素を排したスタジオジブリ作品。
16歳の少女と17歳の少年の愛と友情のドラマと、
由緒ある建物をめぐる紛争を軸に、真っすぐに生きる高校生たちの
青春をさわやかに描いていく。


***


なんとなく、みてみました。


ストーリーもよく知らず、ジブリ映画のわくわく感を期待していたから
全然そういう映画ではなかった。


最初はうーん、つまんないかもって感じたので他の事をしながらみていたら、
今度は歌いだしたりして、何だこれ?って。


時代からしてもしかして昔の学生運動の話?と思ってたら勘違いでした。


後半は少しおもしろくなってきて・・・
やっと引きこまれてきた。


と、思っていたら終わってしまった。
95分、短いですね。


手嶌 葵さんの主題歌がよかったです。
さわやかな映画でした。





[PR]

by butsuzoumania | 2012-11-19 21:58 | ★★
2012年 10月 05日

CUT

CUT 2011年


イランの名匠アミール・ナデリ監督が西島秀俊を主演に迎え、
殴られ屋をして金を稼ぐ売れない映画監督の映画への愛情を描き出す。


ある日秀二は兄が借金のトラブルで死んだという報せを受け、
兄が自分のために借金をしていたことを知る。


罪悪感にさいなまれる秀二は、兄の痛みを分かち合い、
借金を返済するため、兄が死んだヤクザの事務所で殴られ屋を始めるが……。
青山真治が共同脚本で参加。共演は常盤貴子、笹野高史ら。



***


なんとなくレンタルしたのですがどうもみる気にならず、しばらく放置していました。
なんだかしょっぱなからどよーんと暗いのです。


以前にみた「闇の子供たち」に似ている、この感じ。
ストーリーは全く違いますけど。
なぜか軽々しく手をつけられない、そんな雰囲気。


さすがに返さないと・・と思い、他のことをしながらチラチラとみてみる。
劇中の半分以上は主人公が殴られるシーンなんじゃないかなぁ。


自分のための借金のせいで亡くなった兄のため、秀二はひたすら殴られることに耐える。
顔は変形して役者が西島さんでなくてもわからないくらい。


お兄さんと映画のために、殴られる。
「映画は真に娯楽であり、芸術である!」と叫び続ける秀二。


私は秀二のいう本物の映画はみたことがありません。
いわゆる名作と言われる、モノクロ映画や日本の巨匠達の映画。
だからかな・・・うまく感情移入もできず。


インタビューを呼んでみたら、秀二はナデリ監督そのものなんだそうです。
本当の映画好きってこういう人なんだろうな。


しかし殴られる事の意味が理解できてきたラスト30分くらいからは
ぐいぐいと引きつけられ、最後まであっという間でした。
西島さんはさすが、の演技。


どんな映画かと聞かれてもわからないしまたみたい、とも言えないけど
いろんな意味で衝撃的な映画でした。


ちなみに、「闇の子供たち」は臓器売買の話で、観終わったあと
息苦しいくらい不快な気持ちになったけど・・・


こちらはすっきりと終わることができホッとしましたー


しかし、予告編は本編と比べるとなんか軽すぎる気がします笑





[PR]

by butsuzoumania | 2012-10-05 23:54 | ★★
2012年 09月 16日

ワイルド7

ワイルド7   2011年


警視庁の草波警視正によって組織された「ワイルド7」。
彼らは凶悪犯を処刑する権限を与えられた超法規的警察組織。


飛葉大陸(瑛太)、セカイ(椎名桔平)、パイロウ(丸山隆平)、
ソックス(阿部力)、オヤブン(宇梶剛士)、ヘボピー(平山祐介)、
B・B・Q(松本実)。いずれ劣らぬ犯罪歴と、犯行のために身に
つけた特殊技能をあわせ持ったプロフェッショナルな7人。

1969年から79年にかけて『週刊少年キング』に連載された
望月三起也原作の漫画を「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が
映画化。犯罪者からスカウトされた白バイ警察官7人が、
凶悪犯を追い詰めていく様を描く。


***


なんとなくDVDを借りてみた映画。
正直、いまいちかなぁ~


原作がマンガだって全然知らなかったんですが、
ストーリーは全くひねりなどなくストレート。
悪い奴をみんなで倒しにいくぜ!みたいな。


アクション映画にほしいハラハラ感も特にないし、
特殊技能を持ったプロフェッショナルな設定の7人がいるのだから
それぞれの能力が活躍するのかな?と思いきやそうでもない。


特に詐欺師とかバクダン魔とかはアクションには関係ないと思うし、
バクダンはまぁ多少は才能を活躍させていた感じもするけど
それ以外はそもそもこの人はなんの能力なの?という人もいたりして。


2時間弱の映画では活かしきれなかったのかな。


やっぱりこういうのはそれぞれの能力を活かして全員が活躍するのが
おぉ~ってなると思うんだけど。そもそもの設定が意味ない感じ。
続編を作るつもりなのかもしれませんね。


原作のファンかバイクが好きな人がみる映画かなって感じでした。
とにかくバイクでつっこめ!銃を撃ちまくれ!みたいな。


瑛太さんもわりと好きな役者さんなのでみてみたのですが、ちょっと残念でした。
でもバイクに乗っているのはかっこよかったかな!






[PR]

by butsuzoumania | 2012-09-16 20:55 | ★★