「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:★★★★( 3 )


2012年 11月 10日

ハラがコレなんで

ハラがコレなんで  2011年
 

「川の底からこんにちは」「あぜ道のダンディ」の俊英・石井裕也監督が、
粋に生きることをモットーとする妊婦の光子と、
彼女を取り巻く人々の悲喜こもごもを描く人情劇。

妊娠9カ月で恋人と別れ、所持金もつきてしまった光子は、
幼少期を過ごした時代遅れの長屋に戻ってくる。
いまは閑散とした長屋に暮らしているのは、幼なじみの陽一とその叔父・次郎だけ。
義理人情を重んじる光子は、2人の営む食堂が経営難と知るやすぐさま助けの
手をさしのべ、食堂は活気を取り戻していくが……。
主演は「時をかける少女」の仲里依紗。共演に中村蒼、石橋凌。


***


ずっと前からみたかった映画。
やっとみることができました!


同じ監督の「川の底からこんにちは」 
かなりおもしろかった♪
満島ひかりさんに引きこまれ、現在彼女主演の「愛のむきだし」DVDを予約中。


そして今回主演の仲里依紗さん、結構好きです。
「純喫茶磯辺」や「時をかける少女」もよかったな。


予告をみただけで絶対おもしろいだろ~と思っていた「ハラがコレなんで」
期待通り、とてもよかったです。


私はこういうちょっとばかばかしいコメディ映画が好きなんだとしみじみ思いました。
なんかとにかく元気が出ますね。そして実は結構メッセージ性もあるんです。
私はそれこそが映画!という気がします。


仲さん演じる光子は最初はただのヘンな女。
基準は粋か、粋じゃないか。


困ったら、一旦昼寝。
風向きが変わったらそのときドーンと行けばいい。
あせったり慌てたり、しみったれた顔しているのは粋じゃない。


光子の口癖は、
OK、
大丈夫大丈夫。
なんでもそれで済んでしまう。


もういちいち笑えます。
え!ここで昼寝!?みたいな。


そもそも光子は日本で知り合ったアメリカ人?(定かでない)と
流れでアメリカ行って流れで妊娠して流れで捨てられたんですもん。


でもそんな光子をみていると、自分もあれこれ考えるのがばからしくなる。
妙に納得できるし、見習いたいところもたくさん。


たまにそれって粋なのか?と突っ込みつつも
臨月でまだつわりもある光子が吐き気やお腹の痛みと闘いながら
奮闘しているのはとても勇気づけられて


まわりを巻き込み、それで流れが少しずつ変わってみんなが幸せになり
最後はもうドタバタですがひたすら笑える、
そしてみ終わった後はやっぱりスッキリするのでした。


けど無敵のような光子が大丈夫大丈夫、と自分に言い聞かせるようにつぶやいたり
いよいよ出産を迎える時に、一人じゃなくてよかった!と言うのは妙にリアルで


こんな現実離れした主人公でも、自分と全く違う人間ではないと安心したりもしました。


こういう映画はストーリーがどうこう言うよりも楽しんだもん勝ち!な気がします。
笑って元気になりたい方はぜひ観てみてください。
川の底からこんにちはもおすすめですよ♪




[PR]

by butsuzoumania | 2012-11-10 23:58 | ★★★★
2012年 09月 20日

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望  2012年


劇場でみて来ました。
一言で言うと、おもしろかったです。


少し前にTVでスペシャルを放送していたのでそちらも観たのですが
正直おもしろくなかった・・・


やはり最初のTVシリーズが一番おもしろかった気がする。
初期メンバーが好き。私的に俳優さんありきなのかな。


15年という時間が流れて、出世したり新しいメンバーが増えたりしてきましたが
なんだか受け入れられないというか。
いかりやさんが亡くなったのも大きい。


しかしもうそれは仕方ないのか、映画もそうなんだろうなとあまり期待しなかったのが
逆によかったのかもしれません。


オープニングはいつもかっこいい!わくわくします。
事件もTVのスペシャルとはスケールが違う。


新しいメンバーも慣れてきたし、話が進んでいくうちにどんどん引きこまれていきました。
踊るらしい笑いドコロもあって楽しい。
大人の事情で前回の映画版にはでてこなかった水野美紀さんも出て来ました。


あまりにも強引な展開でちょっとなぁ・・・と思うところもありましたし、
最後はえーーー!?というありえない結末ではあったものの


やっぱりおもしろかった!
これで最後だと思うと寂しい感じもしますが、またなんか違うなーと思うのも嫌なので
おしまいでいいと思います。


そして深津絵里さん、すごい女優さんだなとあらためて。
コミカルな役からシリアスな役まで幅広く演じられてて。
すみれさん、好きだったな。


さらにいうと個人的には、スピンオフの『交渉人 真下正義』が好きでした。




[PR]

by butsuzoumania | 2012-09-20 00:10 | ★★★★
2012年 09月 01日

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪 2012年

『時をかける少女』『サマーウォーズ』の細田守監督の新作。
若くして“おおかみおとこ“と恋に落ち、雨と雪というふたりの子を
授かった人間の女性・花が、“おおかみおとこ“の死後、都会を
離れて自然の豊かな地で懸命に子を育てる姿を描く。


***


アニメ映画を映画館で観たのは”ピアノの森”以来。
ピアノの森は原作が大好きで観に行きました。
(こちらはイマイチ。原作が好きすぎて。マンガおすすめです。)


ジブリは気が向いたらDVDで、ディズニー映画なんかは
TVでやっているのを何かしながらちらりと見る程度でした。


そんな感じでたまたまTVで見た、細田守監督のサマーウォーズ。
これがおもしろくてぐいぐいと引き込まれてしまった。
アニメならではのおもしろさ。


映画のCMでおおかみこども達を見るたび、なんか心ひかれる・・・
というわけで観に行ってきました。


夏休み中ということもあり、ちびっこでにぎやか。
さすがにおんなひとりで見てる人はいなかったな。


さて私は予告も見ず、てっきりおおかみこどもたちの話だと思っていたら
母親の話な気がしました。
あ、でもこどもから見たらこどもの話なのかな?


おおかみおとことの間にできたこどもたちを必死で育てる母親の話。
ありえないんですが、本当だったらかなり大変だろーと。
たまに現実的には無理でしょって冷めた自分もいたけど笑


親子は田舎暮らしをはじめますが、とにかく絵がきれい。
音もリアルで、アニメなのに、うわーってなりました。
こういのは映画館で観るべきですね。


のちにこどもたちは人間とオオカミの間で葛藤し、成長していく中で
自分で未来を選んでいく。


こどものいない私がみてもぐっとくるものがあるのに、
母親がみたらもう泣いてしまうでしょう。


こどもが成長して行くのはうれしいけれど、さみしくもあるはず。
でもそういうことで同時に自分も成長していく。


自分が成長する為にも、こどもを育てる意味があるのかなぁと
少しわかった気がしました。


お姉ちゃんの雪と弟の雨。
私は弟がかわいくてしかたなかった笑
母親は息子の方がかわいいとか聞くけど、ちょっと気持ちがわかった気がします・・・


おもしろかった!
細田守監督の作品はこれからも注目したいと思います。


予告動画、何種類もあるけどこれが一番好き☆
気になるかたはぜひ映画館で!



[PR]

by butsuzoumania | 2012-09-01 20:37 | ★★★★